一人暮らしにピッタリな調理器具の探し方

一人暮らしで揃える調理器具はなにがいい?優先順位と選び方

一人暮らしのキッチンに調理器具を収納する工夫

自炊をするつもりはほとんどなく外食や買ってきたお惣菜で食事は済ませようと思っているのか、節約や栄養管理のためにもできるだけ自分で作ろうと考えているのかによって、必要になる調理器具は異なってきます。 一人暮らしの部屋を快適なものにするためにも厳選したものを揃えるようにしましょう。

links

自分の生活スタイルに合わせて調理器具を選ぼう!

一人暮らしの部屋といえば1Kであることが多く、キッチン周りのスペースや収納場所が不十分であることが予想されます。
狭く限られているキッチンスペースを有効活用して快適に暮らすための工夫とはどのようなものなのでしょうか?
空間を上手に利用するための工夫やスッキリと収納するためのアイテムの使用、適切なサイズの調理家電を選ぶことなどがポイントになっているといいます。
初めて実家を出るというような場合には、それまでの生活を基準として調理器具などの生活用品を選びたくなるものかもしれません。
しかし主婦歴の長いお母さんと同じような調理器具を使いこなすだけのスキルも、実家のキッチンのように調理器具を収納する十分なスペースもないことが多いという問題もあるでしょう。
一人暮らしをする時に揃えたい調理器具は、その人の料理のスキルやキッチンの広さを考慮して選択していくべきなのです。

ほとんど空間的な余裕のないキッチンの場合、壁面やレンジフードの淵を活かした収納というのがおすすめで、重ねて収納しておくと取り出すのが億劫になってしまう鍋やフライパンを突っ張り棒やS字フックを使って吊るしておく方法は、使いたい時にすぐに使えるのでおすすめです。
シンクの下の空間にラックやカゴを使って立体的に収納する方法や、フックを使って設置した扉の裏側のワイヤーネットに調理小物をぶら下げるという方法もいいでしょう。
いずれにしても狭いキッチンにおける調理器具には限りがありますから、本当に必要で自分の生活スタイルに合ったものを選ぶようにしないと部屋が片付かなくなってしまいます。

いざという時のために用意しておきたい調理器具とは?

あまり料理が得意ではないし一人暮らしのキッチンは狭いからといって調理器具は必要ないと考える人も多いようですが、生活していく上で必要になるかもしれない最低限の調理器具だけは揃えておくことをおすすめします。 ここでは生活の必需品とも言える最低限の調理器具について見ていきたいと思います。

一人暮らしに丁度いい調理器具のサイズとは?

料理に興味があるという場合でも、一人暮らしの部屋で大人数のパーティーを行うということは考えづらいですし、大きすぎる調理器具では小さいシンクで洗うことが困難になってしまいます。 一人暮らしの部屋に見合ったサイズの調理器具とは、どれぐらいの大きさのことをいうのでしょうか?

TOPへ戻る