一人暮らしにピッタリな調理器具の探し方

一人暮らしで揃える調理器具はなにがいい?優先順位と選び方

一人暮らしに丁度いい調理器具のサイズとは?

頻繁に料理をするような場合には

まずひとつ目に用意するなら1~1.2リットルぐらいの片手鍋がおすすめです。
その際には一緒に、お湯が沸くまでの時間を短縮したり蒸らし調理をするような時に必要な蓋を用意しておくことがポイントです。
いろいろな料理を作るという場合や友人を招くことが多いというような人は、他にもうひとつ3リットルぐらいの両手鍋もあると便利です。
これぐらいの大きさの鍋があれば数食分のカレーやシチューを作ることもできますし、同時進行で複数の料理を作るという場合にも活躍が期待できるのです。

代表的な調理器具であるフライパンは、一人暮らしなら直径が24センチのものが使いやすいようです。
焦げ付きにくいことを考えて、素材はフッ素樹脂加工のものを選んでおくことをおすすめします。

100円均一でも手に入る調理小物の種類

まな板や包丁、鍋などはそう頻繁に買い替えるものではありませんので、ある程度のお金をかけてしっかりしたものを購入しておくことをおすすめしますが、その他の調理小物については100円ショップなどで調達しても問題はないといいます。
100円よりも高価な調理器具と比べてみても、遜色なく目的を果たすことができるようなクオリティの高いものが多く100円だからといって侮ることはできないからです。
使用頻度の高い菜箸やキッチンバサミなどは定期的に買い替える必要があるかもしれませんが、新しいものに買い替えて気持ち良く使用できることを考えたら100円で済むのは有難いことだと言えるでしょう。

汁気のあるものを盛り付けるためのおたまも必需品ですし、焼く料理をする際に重要な役割を果たすフライ返しも今は100円で購入することができるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る